03:18 2017年08月19日
東京+ 26°C
モスクワ+ 27°C
    中国 新打ち上げロケットを2018年末までに完成

    中国 新打ち上げロケットを2018年末までに完成

    © 写真: Public domain
    アジア
    短縮 URL
    0 19824

    中国は来年2018年末までに次世代人工衛星打ち上げロケット「長征8」を完成させる計画。新ロケットは商用人工衛星の打ち上げに使用される。チャイナ・デイリーが報じた。

    中国最大のロケット製造業者である中国運載火箭技術研究院(CALT)によれば、すべて順調に運べば開発期間はおよそ3年となり、打ち上げテストは2018年末までに行われる。プロジェクトを率いるリ・トゥンユイ氏によれば「長征8号」には「長征7号」および「長征3A」の技術が基盤に使われる。

    開発者らの話では「長征8号」が成功すれば打ち上げコストは著しく下げることができる。

    先に伝えられたところでは、中国は、 低高度レーザー防空システム「サイレント・ハンター」をデモンストレーションした

    タグ
    中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント