15:24 2018年06月23日
北京の隣にNY級の目がポリスが出現へ

北京の隣にNY級のメガポリスが出現へ

© AP Photo / Ng Han Guan
アジア
短縮 URL
250

中国政府は北京郊外に国民経済成長に新たなプラスを約束するシュンアン先進発達地区の建設を計画している。この建設で都市部が隣接する地区に自然発生的に拡大していく現象を抑制する狙いもある。新華社通信が報じた。

スプートニク日本

新華社通信の報道によれば、地元政権はシュンアン先進発達地区は深圳自由経済圏や上海の新たな地区である浦東のようなプロジェクトになると見込んでおり、中国の社会経済改革や開示性を宣伝する実験の場となる。

新地区は最初は100平方キロほどの面積でスタートし、次第に200平方キロまで拡大して、最終的には2000平方キロまで達する可能性もある。これが実現すれば789平方キロである第2のニューヨークの出現となるが、それでもモスクワの2511平方キロには及ばない。

新たなシュンアン先進発展地区の目的は北京の人口過多、交通渋滞およびその結果悪化する大気汚染を緩和することにある。

マスコミ報道ではシュンアン先進発展地区は北京-天津-河北地区の中心部に位置し、雄県、栄成、安新の3県を内包する。

先にの報道によると、東京で開かれた露日都市環境作業部会でロシア極東ウラジオストクの都市インフラ開発が主要テーマとなった。

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント