00:39 2018年09月27日
ロヒンギャ

バングラデシュ政府 ロヒンギャ難民10万人を洪水被害の無人島に移住計画

© Sputnik / Shahnevaz Khan
アジア
短縮 URL
0 03

バングラデシュ政権はミャンマーからの流入したロヒンギャ族難民、約10万人をバングラデシュ湾の無人島のテンガル・チャルに移住させる計画を承認した。6日、CNNテレビが報じた。テンガル・チャル島は先に、洪水に見舞われている。

スプートニク日本

バングラデシュ政権は現在無人島のテンガル・チャルを早急に整備する計画を表しており、この計画は総額2億7800万ドルを要し、実現は2019年11月まで行われねばならないとしている。

これに対して国際的な人権擁護機関は難民の移住計画を激しく非難している。国際アムネスティ-南アジア支部のビラジ・パトナク支部長は「これはロヒンギャが難民キャンプを捨て、最後はミャンマーに帰るよう仕向ける苦肉の策。このために難民の安全と福祉は脅かされてしまう」と批判した。

人権擁護者からのこうした非難にバングラデシュ政権は、調査結果を公表し、島は特別な作業を行い、土地を開墾して沿岸部を強化すれば居住は可能と指摘している。

CNNの報道によれば、難民の島への移住計画に従い、1500軒のバラックおよび120の難民センターが建設される。

ミャンマーでは今年8月にロヒンギャの武装集団と治安当局が衝突後、ロヒンギャへの迫害が疑われており、現在60万人以上がバングラデシュに避難している。

関連ニュース

ミャンマー・バングラデシュ、ロヒンギャ帰還問題で合意「2カ月以内に開始」

タグ
移民, バングラデシュ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント