19:05 2018年08月19日
北朝鮮

日本は戦争参加の正当化試み、北朝鮮への圧力を東欧に強要=朝鮮中央通信

© Sputnik / Ilya Pitalev
アジア
短縮 URL
3209

北朝鮮の核兵器が欧州にとっての脅威だとする安倍首相の声明は、東欧諸国を対北朝鮮の圧力政策に引き込もうとする試みを証拠付けている。北朝鮮外務省付属日本問題研究所の報道官が18日、朝鮮中央通信のインタビューで見方を示した。

スプートニク日本

報道官は「安倍内閣は我が国の伸びゆく戦略的重要性を認識し、北朝鮮への圧力政策を放棄するべきだ」とした上で、「北朝鮮への圧力を強めれば我々の政策変更に漕ぎ着けることができると考えるのは子供じみている」と指摘した。

報道官は「安倍内閣は北朝鮮の核抑止力発展プログラムの真の目的を歪め、北朝鮮へ圧力を加える雰囲気を醸成すると同時に、自身は(自衛隊による攻撃を禁止する)憲法改正にこぎつけ、それによって日本の戦争参加を正当化しようとしている」と批判した。

関連記事

北朝鮮との国交断絶求める河野外相の呼びかけは『戦争事由』になるおそれ=ロシア人専門家

韓国と北朝鮮は合意を試み、日米は戦争を準備…

タグ
軍事, 戦争・紛争・対立・外交, 日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント