15:51 2018年11月21日
金正恩氏にとって核兵器は共産主義体制下で統一された朝鮮をつくるために必要 米太平洋軍司令官

金正恩氏にとって核兵器は共産主義体制下で統一された朝鮮をつくるために必要 米太平洋軍司令官

© AFP 2018 / Jung Yeon-Je
アジア
短縮 URL
237

米国のハリー・ハリス太平洋軍司令官は、北朝鮮の指導者、金正恩氏について、単一の共産主義体制下で統一された朝鮮をつくることを目指しており、核兵器製造はそのためでもあるとの考えを表した。

スプートニク日本 

ハリス司令官は14日、米下院聴聞会で「彼(金正恩氏)は単一の共産主義体制下での統一を目指しているのではないかと考えている。したがって同氏は彼の祖父(金日成主席)ができなかったこと、彼の父親(金正日総書記)ができなかったことを目指しており、金正恩氏とそこの共産主義体制に従う統一された朝鮮半島という彼が北朝鮮にとって自然な結果であると感じているものの達成に向けた道にいる」と述べた。

ハリス氏は、これは金正恩氏の長期計画だとの見方を示し、「同氏の核の野心がこの考えの基であると考えている。核兵器を保有することで韓国や地域の他の国々、そして米国を脅すことができる。私はこれが、同氏が核保有を目指す最大の理由だと考えている」と述べた。

関連ニュース

韓国野党代表「南北首脳会談、10年前に可能性」

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント