09:32 2018年07月18日
赤十字国際委員会のピーター・モーラー社長

赤十字国際委員会、北朝鮮への人道援助を増加する用意ある

© AFP 2018 / Sebastien Feval
アジア
短縮 URL
252

赤十字国際委員会のピーター・モーラー社長は、同委員会が北朝鮮への人道援助を増やす用意があると述べた。

スプートニク日本

モーラー氏は「私たちは北朝鮮の人道状況に注意を割いている。あなた方もご存知のように、北朝鮮での私たちのプログラムは現在とても小さく、赤十字国際委員会は人道プログラムを拡大する用意がある」と述べた。

モーラー氏は「現在、北朝鮮政府や国際社会からの人道問題認識の欠如が見られると考える。このため、人道的な状況が注目を必要としている。私たちは、北朝鮮には例えば水、衛生状態、医療サービスなどにおいて深刻で危険な構造的問題があると考える」と述べた。

関連ニュース

ロシア大使 北朝鮮の人道状況は制裁発動後、悪化

韓国、北朝鮮に食料・医療品などの人道支援を決定

タグ
人道支援, 人権問題, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント