18:44 2018年06月18日
韓国で新たな汚職スキャンダル 李元大統領が収賄容疑

韓国で新たな汚職スキャンダル 李元大統領が収賄容疑

© AFP 2018 / Jung Yeon-Je
アジア
短縮 URL
320

韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領が14日、大統領在職中の収賄容疑などについて取り調べを受けるため、ソウル中央地検に出頭した。聯合ニュースが伝えた。

スプートニク日本

李氏は大統領在職中(2008-2013年)複数の企業や組織から110億ウォン(約11億円)の不正資金を受け取った疑いがあるとして、取り調べを受ける。一方、本人は容疑を全面否認している。

聯合ニュースによると、検察はこの日の取り調べを最後に、李氏の逮捕状を請求するかどうかを決める方針だ。

李氏は検察に出頭した韓国の大統領の内、4人目になったという。

先の報道によると、汚職の疑いで昨年3月に逮捕された韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対し、同国検察庁が懲役30年を求刑したと、聯合ニュースが伝えた。

タグ
スキャンダル, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント