03:52 2018年12月11日
中国軍、新たな弾道ミサイル導入

中国軍、新たな弾道ミサイル導入

© REUTERS / Damir Sagolj
アジア
短縮 URL
0 161

中国人民解放軍ロケット軍は、報復核攻撃ができる新世代中距離弾道ミサイルを導入した。中国の複数の国営メディアが報じた。

スプートニク日本

新華社通信は「配備されたミサイル兵器システムは、独自に開発した中距離弾道ミサイルであり、そこに中国はすべての知的財産権を有している」と伝えた。

なお導入式典はロケット軍のある部隊で最近行われたという。

ミサイルは報復核攻撃を行うことができるほか、中距離並びに遠距離の海上の大型・中型の船舶や地上標的を狙い撃ちすることができる。

新華社通信は新ミサイルについて、中国軍の「致命的な武器」だと報じている。

関連ニュース

中国、係争中のスプラトリー諸島に軍事設備を配置との報道

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント