17:54 2018年11月21日
香港証券取引所、初の女性主席が就任

香港証券取引所、初の女性主席が就任

© REUTERS / Joyce Zhou
アジア
短縮 URL
0 01

香港証券取引所が誕生して127年で初めて、女性主席が就任した。就任したのは史美倫(ローラ・チャー)氏(68)。サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。

スプートニク日本

史氏の指名は年次株主総会で承認された。史氏は今年2月、香港政府によって取締役会のメンバーに任命された。主席を6年間務めた周松崗氏(67)の後任となる。

取締役会は13人からなり、うち6人は香港政府が任命し、6人は株主が選出する。残る1人は最高経営責任者(CEO)で、現在は元投資銀行家の李小加が務めている。史氏は広いつながりを持つ経験豊富な金融資本家という評判。1990年代には香港証券先物委員会(SFC)副主席を務め、後に中国の証券監督管理委員会に副主席として招待された。2006年から2012年にかけて史氏は香港証券取引所の取締役会のメンバーだった。

関連ニュース

CIAに初の女性長官

ニュージーランド首相、産休を取得する同国史上初の首相に

タグ
経済, 香港
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント