13:01 2018年05月26日
東京+ 25°C
モスクワ+ 10°C
    中国の習国家主席と北朝鮮の金正恩指導者

    中国の習国家主席と北朝鮮の金正恩指導者は大連市で会談

    © AP Photo / Ju Peng/Xinhua
    アジア
    短縮 URL
    1160

    中国の習国家主席は大連市へ向かい、そこで朝鮮民主主義人民共和国の指導者、金正恩氏と会談し、朝鮮半島問題を話し合った。中国中央電視台の報道を引用し、マスコミ各社が報じている。

    スプートニク日本

    会談で金正恩氏は、数か国の当事国が北朝鮮に対してとる敵対政策がなくなれば、北朝鮮にとっては核兵器を保有せねばならない理由はないと語った。

    金正恩氏はまた、朝鮮半島の非核化の実現こそ、北朝鮮の揺るぎない立場であると明言している。

    中国マスコミ各社の報道によれば、金正恩氏の中国訪問は5月7日に大連市で開始され、8日も続けられている。これは金正恩氏にとっては2度目の中国訪問。1度目の訪問は今年3月に行われている。

    関連ニュース

    金正恩氏が隠密に中国訪問 マスコミ情報

    日中韓、5月9日に東京で首脳会談―マスコミ

    タグ
    習国家主席, 金正恩, 北朝鮮, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント