20:25 2018年10月21日
仏戦闘機「ラファール」(アーカイブ写真)

仏戦闘機の購入契約は「詐欺」 インドで批判の声

© AP Photo / ECPAD/French Army
アジア
短縮 URL
0 121

インド空軍が仏戦闘機「ラファール」36機を購入する契約は、史上最大の詐欺だ。著名政治家や元官僚らがニューデリーで記者会見を開き、こうした見方を示した。ニュースサイト「The Hindu」が報じた。

スプートニク日本

主に槍玉に挙げられたのは値段。当初は中型多目的戦闘機126機を購入予定だったが、ラファール1機の価格が2億800万ユーロ(約267億円)となった。そのため、インドの予算75億3000万ドル(約8355億円)では36機しか発注できなかった。その上、配備は2022年以降になる見通し。

ニュースサイト「The Hindu」によると、記者会見に出席した人びとは、ラファールの購入はインドの国益を脅威にさらし、安全保障を弱めると主張する。

多くのインド軍関係者もこの契約に不満だ。ロシアの防衛・安全保障問題を研究する戦略技術分析センターのブログ「bmpd」が海外メディアの報道を基に伝えるところ、軍飛行士はラファール36機を購入すると起きるであろう物流・サービス・財政上の問題を指摘した。

関連ニュース

タグ
スキャンダル, びっくり, 航空, 軍事, フランス, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント