06:59 2018年11月16日
ピョンヤン

北朝鮮 米国に平和条約締結を求める 半島の緊張緩和が目的

© REUTERS / Damir Sagolj
アジア
短縮 URL
0 81

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の主要紙「労働(ノドン)新聞」は17日の社説欄で、米国が北朝鮮との平和条約締結に合意することは朝鮮半島の緊張緩和、平和樹立に必要不可欠との見解を示した。

スプートニク日本

労働新聞は「戦争終結の条約を無視する理由は一切ない。これは朝鮮半島の緊張緩和と強固な平和を築くための前提的かつ重要なプロセスである」と書いている。

労働新聞はまた、条約締結は「相互の信頼を促し、国際安全保障分野のブレイクスルーになるもの」と書いている。

外国へのプロパガンダを狙った北朝鮮のサイト「Meari」はコメントとして「維持されているのは和解のみという段階では些細な事件も危機に転じることはありうる。こうしたことが起きた場合、北朝鮮と米韓の関係は元の対立の次元に逆戻りしかねない」と書いている。

関連ニュース

南北朝鮮サミット開催時期 平壌で9月12日か13日にも

北朝鮮、日本に「核の野望」と批判

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント