11:47 2018年11月18日
手術用具(アーカイブ写真)

腹部内に手術用具の男性、四半世紀そのまま生活

© Sputnik / Varvara Gert'e
アジア
短縮 URL
0 10

ミャンマーの医師らが、ある男性の腹腔の中から、26年前の別の手術中に置き忘れられた長さ15センチの手術用具を取り出した。ニュースサイト「Coconuts」が伝えた。

スプートニク日本

この年月の間、常にこの男性は強烈な痛みに苦しんでいた。発見された手術用具について、男性の家族が過去の手術を実施した外科医に語ったものの、この外科医は自らの責任を認めず、手術後に用具を数えなければならなかった看護婦らに責任があるとして非難した。

ニュースサイト「Coconuts」によると、患者の男性の親戚らはミャンマー保健省に相談し、医療記録を全て同省に手渡した。事情を解明するため、2回の手術が実施されたピャーポン、ヒンタダ両都市の病院に専門家らが派遣された。

関連ニュース

エアコンを使用するリスク 予想外の危険性

10センチ大ワームを女性の顔の肌の下から摘出 ロシア

タグ
びっくり, 事故, 事件, ミャンマー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント