22:23 2019年07月19日
北朝鮮西部・東倉里の発射場を訪れた時の金正恩氏。アーカイブ写真

北朝鮮の東倉里ミサイル発射場で復旧の動き=マスコミ

© REUTERS / KCNA
アジア
短縮 URL
0 14

韓国の国家情報院は5日、国会情報委員会で北朝鮮北西部・東倉里のミサイル発射場で一部施設が復旧されていると報告した。聯合ニュースが、複数の情報委員の話として報じた。

スプートニク日本

また米戦略国際問題研究所(CSIS)も5日、衛星写真をもとに、東倉里のミサイル発射場で再建を進めている動きがあることを明らかにした。

さらに米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」も同日、解体作業が行われていた東倉里ミサイル発射場の一部の構造物の建て直しが始まったと分析した。

聯合ニュースによると、韓国政府筋は6日、東倉里の発射場で建物などの復旧作業の動きとらえられたことを伝え、韓国軍関係者は、同国と米国の軍当局が東倉里を含む北朝鮮の「主要地域での活動を綿密に追跡、監視している」と伝えた。

関連ニュース

米代表団が北朝鮮に派遣か 米国務長官、協議継続に期待

寧辺の原子炉稼働の兆候は昨年12月からみられない=IAEA事務局長

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント