04:00 2019年06月26日
着物(アーカイブ写真)

中国で着物を着ていると命にかかわることがある?

CC0 / Unsplash/Tony Wan
アジア
短縮 URL
121

中国の武漢市の大学警備員が、日本の着物に似た服を着た男性に乱暴を振い、その様子を収めた動画がインターネット上で広まった。ネットユーザーの間では、中国で故意に煽られた反日感情について、熱い議論が広まった。

スプートニク日本

2人の若者が武漢大学の庭に咲く桜を見物しようとしたが、彼らの1人が着物を着ていると思った現地の警備員に制止された。若者たちは、これは着物ではなく、中国の伝統的な衣装である唐装だと説明しようとしたが、聞き入れられなかった。若者たちは、桜が咲く庭に入ることを許可されなかっただけでなく、暴行を受けた。

中国のSNSには、 この事件について何千ものコメントが投稿され、 その中には相反する考えがしばしば見受けられた。着物を纏った若者を攻撃する警備員の愛国心をあざ笑う人たちもいて、 中国が日本の帝国軍に占領された20世紀初頭にさかのぼり、 警備員の行動を中国と日本の間の歴史的反目として説明する人たちもいた。

事件の後、大学の指導部が警備員を罰することはなかったが、 より適切な服を着るように庭の訪問者に訴えたことは注目に値する。

関連ニュース

タグ
第二次世界大戦, 歴史, 日本, びっくり, 事件, スキャンダル, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント