22:53 2019年11月13日
北朝鮮、人道支援(アーカイブ写真)

北朝鮮、300トン未満の食糧支援受け入れ拒否 その理由とは

© AFP 2019 / Gerald Bourke
アジア
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (175)
293
でフォローする

米自由アジア放送(RFA)は5日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)国内の複数の情報源がRFA朝鮮語放送に語った内容として、北朝鮮が自国内で食糧不足が続いているとして国際社会に支援を繰り返し求めているにもかかわらず、同国が少量の食糧支援を拒否していると伝えた。

スプートニク日本

専門家らの見解によると、このような決定については、外国の非政府組織(NGO)との頻繁な接触が、外国人とともに活動する各機関の職員らの間でイデオロギー上の危機を招く可能性があると北朝鮮政府が懸念しているということによって説明できるという。

北朝鮮は今年、記録的な干ばつに見舞われている。1月から5月15日までの期間、同国内では降水量がわずか56.3ミリしかなく、この数字は最近の102年間で記録的に少ないものとなった。

北朝鮮メディアは市民に対し、新たな水源を探索するとともに干ばつと戦うための革命的手段を開発するよう呼びかけている。一方、同国内への食糧供給の状況を追跡している国連世界食糧計画(WFP)は、住民1千万人超が食糧不足を感じており、これらの住民には次回の収穫まで十分な量の食糧がないと発表している。

干ばつの原因は、気象条件が悪かったことで2018年の収穫量が最近の10年間で最も少なくなったことにある。WFP調査団の見積もりによると、干ばつが原因で今年も不作となった場合、数百万人の国民が飢餓に見舞われる可能性があるという。

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (175)
タグ
環境, びっくり, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント