17:51 2019年11月19日
海上保安庁(アーカイブ)

日本の排他的経済水域で北朝鮮海軍の旗を掲げた高速艇が確認される

© AP Photo / Emily Wang
アジア
短縮 URL
0 32
でフォローする

日本の排他的経済水域で8月下旬、北朝鮮籍とみられる船が確認された。日本のマスコミが報じた。

海上保安庁によると、8月23日、 日本の排他的経済水域に当てはまる大和堆の付近で、北朝鮮の国旗 が描かれた貨物船のような船と高速艇が確認された。

その後まもなく2隻は排他的経済水域から出たが、翌24日、海保 の巡視船が再び高速艇を発見した。

高速艇は北朝鮮海軍のものとみられる旗を掲げており、 迷彩服を着た3人の乗組員が確認された。日本の巡視船に小銃を向 けながら約30メートルまで接近した。 また乗組員が状況をビデオカメラで撮影している様子も確認された という。

なお、小銃の発射は確認されていない。

海保は、 日本の排他的経済水域におけるイカ漁を中心とした違法操業と関連 しているとの見方を示している。

日本はすでに北朝鮮に抗議した。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント