07:53 2021年01月18日
アジア
短縮 URL
0 30
でフォローする

中国国家鉄路集団は30日、北京と河北省の張家口市を結ぶ高速鉄道が公式的に開通したと発表した。

開通した鉄道は全長174キロで2022年冬季五輪へむけた準備の一環として敷設された。

鉄道の開通した張家口市は2022年五輪の開催地のひとつ。高速鉄道「フシン」は時速350キロ。これにより移動時間は今までの半分の時間ですむ。

開通した路線には列車移動のインテリジェント制御、トラクション電源供給システムなど新技術が用いられており、自動発車や時刻表を考慮した駅間の列車走行、ドアの自動開閉が可能となっている。

関連ニュース

世界最長の海上橋、中国で開通式【動画】

タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント