14:06 2021年03月05日
アジア
短縮 URL
0 20
でフォローする

中国の華為技術(ファーウェイ)は、米国が同社に対して一連の制限措置を課したのを受け、収益を得るための新たな方法を模索している。同社の開発者たちは現在、養豚業向けにサービスを提供するために人工知能(AI)技術の導入を計画している。BBCが報じた。

ファーウェイは、AI技術を駆使して豚の病気を検出したり、体重、食事、全体的な状態を追跡する計画。
ファーウェイは「養豚業は、5G時代の産業にとっての大きな価値を伝統的な産業に提供するために、われわれが情報通信技術を用いていくつかの伝統産業の活性化を試みようとしているさらなる例の1つである」と発表した。BBCが報じた。

中国では京東商城(JD.com)やアリババ(Alibaba)などの一連のIT大手が多くの養豚場と協力している。

ファーウェイは、米国による制限措置の影響でスマートフォンの売上が落ち込んだため、新たな収益源の模索が必要となった。米商務省は2019年5月19日、ファーウェイを自国の安全保障に脅威を与えるとしてブラックリストに加え、米国内でのハイテクプラントの購入の可能性を著しく制限した。8月17日、米国はさらにファーウェイの子会社38社に対し、米国の技術、ソフトを使用して生産された製品へのアクセスを制限した。

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント