00:06 2021年09月23日
アジア
短縮 URL
0 04
でフォローする

ベトナム南部アンザン省の地域病院で、医療従事者の女性(35)がアストラゼネカ製のワクチン接種後にアナフィラキシーショックを発症して死亡した。ベトナム政府のニュースポータルが伝えた。

女性は、アストラゼネカ製ワクチンの1回目の接種直後、死に至るケースもあるアレルギー反応のアナフィラキシーショックを発症した。

女性は、アンザン省の中央病院に搬送され、ベトナム保健省の指示でホーチミン市から救急科専門医が同病院に派遣されたが、助からなかった。

関連ニュース

タグ
ベトナム, AstraZeneca, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント