01:10 2018年12月15日
ガス

ガストランジットをめぐるウクライナとの契約、延長はされず

© Sputnik / Aleksandr Mazurkevich
経済
短縮 URL
ウクライナ危機 (343)
0 120

ロシアは2019年以降、ウクライナを通るガスのトランジットから、高い確率で撤退する。現在のトランジット契約は延長されない。ヴァルダイ・クラブの会合でロシア連邦エネルギー省のアレクサンドル・ノワク大臣が述べた。

「ただ今、ウクライナとのトランジット契約は2019年以降延長されない、とのミルレル氏の発言があったばかりだ。そのため現在、トルコやトルコ・ギリシャ国境におけるガス石油インフラ建設や、そのコースを通って欧州南部・東部・中央部の顧客に石油やガスを届けることに全力が傾注されている」。現行の契約が期限を満了したとき、ウクライナを通るトランジットが停止されることについて、最終的な決定が取られたのか、との問いに対し、ノワク氏。

 

 

トピック
ウクライナ危機 (343)

関連:

フランス諜報機関:ロシアはウクライナ侵攻を準備しなかった
ドネツク人民共和国 ウクライナ軍が75件の停戦違反をしたと非難
ウクライナで共産主義がナチズムと合法的に同一視される
ロシア副首相 ウクライナ国家安全保障・国防会議書記の「汚い」核爆弾に関する発言イについて:「精神薄弱者」
ドネツク:ウクライナ軍は市民を拘束し、捕虜と交換している
タグ
ガス, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント