13:47 2020年08月07日
経済
短縮 URL
サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム2015 (29)
0 80
でフォローする

第19回ペテルブルグ国際経済フォーラムが今日始まる。このフォーラムには伝統的に、世界各国から政界・財界のリーダーたちが集まる。

ロシアはもちろん、米国やフランス、スイス、日本、英国、ドイツ、フィンランド、中国など65か国から、1669人の代表者が参加する。

一例を挙げれば、次の各社が社長クラスを派遣する。Metro AG、旅行会社TUI AG、港湾運営の世界最大手DP World、コンサルティング会社BCG、石油ガス会社BP、Total、Royal Dutch Shell、Eni、エネルギー企業Enel、フィナンシャル・ホールディングスSociete Generale SA、韓国建設会社Daelim Industrial Co Ltd。

ロシアのプーチン大統領は18日から19日にかけてサンクトペテルブルグを訪問する。初日にはロシア企業の幹部と会合を持ち、国内中小企業振興について話し合う計画。

大統領はまた、サウジアラビア国防大臣ムハメド・ベン・サルマン王子、中国の張高麗副首相、モンゴルのチメディイン・サイハンビレグ首相、IAEAの天野之弥事務局長と会談する計画。

大統領は19日、サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムの本会議に出席する。この日はほかに、ギリシャのアレクシス・ツィプラス首相、キルギスのアルマズベク・アタムバエフ大統領との会談が予定されている。

フォーラムに合わせて、上海協力機構ならびにBRICSの実務フォーラムも開催される。ここではユーラシア経済同盟をはじめとする地域統合が討議の主題となるだろう。

今年のフォーラムのテーマは「行動の時:力を合わせて安定と成長へ!」。

トピック
サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム2015 (29)
タグ
ロシア経済, サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム2015, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント