04:29 2019年11月20日
ギリシャ国防省「ギリシャ、BRICSのメンバーになる用意あり」

ギリシャ国防省「ギリシャ、BRICSのメンバーになる用意あり」

© AP Photo / Giannis Papanikos
経済
短縮 URL
ギリシャ:ユーロ圏離脱ならどうなる? (71)
0 251
でフォローする

ギリシャは新BRICS開発銀行の枠内でBRICSに加わる可能性を検討している。ギリシャ国防省のコスタス・イシホス次官がスプートニクの取材に答えて語った。

ギリシャは5月時点でロシアから新BRICS開発銀行加盟への招待を受けた。ロシアのウファで7月9-10日行われるBRICSサミットの冒頭で、ギリシャの同行への加盟に関する審議が行われる予定だ。

ロシア・ギリシャ政府間委員会の共同議長でもあるイシホス氏は、「我々はこれまで通りそれに対して開かれている」と述べている。

同氏によれば、ギリシャは常にロシアおよびユー=ラシア諸国と良好な関係を維持するよう努めてきた。現在ギリシャ政府は、メンバー諸国の代表らと、BRICS銀行への加盟に関する交渉を行っている。

「このようにして我々は、狭い意味の対外政策においても、より広い意味における対外経済政策においても、多極的外交を行っていく」とイシホス氏。

同氏は先にも、BRICS開発銀はIMFの替わりとなるかも知れない、と述べている。

世界最大の後進国5カ国、すなわちブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカは、2014年7月、ブラジルのフォルタレザで開催のBRICSサミットで、新BRICS開発銀行の創設に関する合意に調印した。加盟国は1000億ドルの流動性準備を構築し、同行の財政的な安定性を保障することで合意した。

新BRICS開発銀は、西側の金融機関に代わるものとして、インフラ建設に融資することを主な目的として創設された。

トピック
ギリシャ:ユーロ圏離脱ならどうなる? (71)

関連:

ギリシャ政府、IMFに16億ユーロの支払い猶予を要請、支払いを拒否せず
緊迫の度高まるギリシャの財政
ギリシャ、6月30日IMF融資のトランシェを支払わない見込み
タグ
欧州, BRICS, ユーロ圏, ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント