23:02 2020年08月14日
経済
短縮 URL
228
でフォローする

中国経済の減速懸念から中国の株式市場が7-8%下落したことを受け、アジア太平洋地域の証券取引所が3-4%、急激に値下げした。

上海株式市場のインデックスShanghai Compositeはモスクワ時7:33現在で8.45%下落、3211.2ポイントをつけた。5か月で最低の数字だ。同様に、新セン株式市場のインデックスShenzhen Compositeは7.61%、香港のHang Seng Indexは4.64%、台湾のTAIEXは4.4%と、軒並み下落している。

あわせて、日本の日経225は3.5%、豪州のS&P/ASX 200は7.52%、韓国のKOSPIは2.34%と、こちらも揃って下落。

中国当局は年金基金の株式購入を解禁したが、下落は止まらない。「市場にはネガティブなトレンドが見られる。良いニュースがない。株価は依然として高い。現金の新たな注入もない」。CEBMのアナリスト、キ・ヨユフェン氏はそう語る。ロイター通信が伝えた。

Jefferies Group Incの主任ストラテジスト、ショーン・ダービー氏によれば、この夏世界の取引所で急激に価格が下落していることの主な原因は、明らかに、中国の経済成長鈍化と石油価格の下落である、としている。

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント