12:45 2018年06月20日
シーメンス

独シーメンス・ロシア副社長の独占インタビュー、ロシアでの10年間の成功について

© REUTERS / Lukas Barth
経済
短縮 URL
0 80

独シーメンス社はロシア市場で過去10年間に10箇所の新たな生産施設を開設。シーメンス・ロシア社のセルゲイ・クルィロフ副社長がラジオ「スプートニク」からの独占インタビューに応じた。

「シーメンス社はロシア市場に非常に長期間存在しています。160年を越えています。我々はこの市場をよく知っていますし、ここの人も、それが何を欲しているのかも知っています。我々の活動は会社のすべての部門にわたります。輸送、特に鉄道ですが、それに機関車、列車の建設、電気、健康保健とどの分野でも活発に展開しています。」

「ウラルでは世界で最も進んだ機関車を作っており、列車『ラーストチカ(つばめの意)』を製造しています。またヴォロネジでは電気の強力なクラスターをもっています。2ヶ月ほど前、我々はガスタービン製造工場をオープンさせました。我々はロシアでの事業展開を進めています。」

「(経済的な面では)今はどこもきつい時代で、これはロシアに限りません。ロシアでは多少複雑なのは、ここでは石油ガスにかなり依存しているからです。ですが我々の(メドヴェージェフ)首相も指摘したように、今年のロシアの予算では石油ガスに依存する部分は昨年に比べて減っています。これはよい指標です。経済におけるあらゆる困難にもかかわらず、我々は良い方向への変化を眼にしています。」

 

タグ
投資, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント