10:10 2019年07月21日
ロシアとサウジアラビア 1月11日のレベルで原油生産量凍結で合意

ロシアとサウジアラビア 1月11日のレベルで原油生産量凍結で合意

© AP Photo / Hasan Jamali
経済
短縮 URL
2174

ロシアエネルギー省と複数のOPEC(石油輸出国機構)加盟国は、カタールの首都ドーハで協議した結果、原油生産量を凍結することで合意した。通信社ブルームバーグが報じた。

サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相がブルームバーグに伝えたところによると、原油生産量は1月11日のレベルで安定化されるという。ヌアイミ氏は、サウジアラビアもこの決定に同意したことを認めた。

16日、ドーハでロシアのノヴァク・エネルギー相とOPEC加盟国の代表者による協議が実施された。

なおロシアのペスコフ大統領報道官は記者団に、ロシア大統領府はドーハで行われた協議結果に関する情報についてまだコメントしないと述べた。

タグ
石油, サウジアラビア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント