03:30 2018年02月23日
東京+ 2°C
モスクワ-10°C
    ウラジオストク

    日本経産省高官「企業はロシアの先進発展地域の状況を慎重に見守っている」

    © Fotolia/ Alexhitrov
    経済
    短縮 URL
    162

    月曜日、東京で開かれたビジネス・ミッション「日ロ産業貿易対話」で、経済産業省通商政策局の伊藤伸彰(いとう のぶあき)通商戦略担当審議官は「日本企業は、注意深く慎重に、ロシア国内の先進発展地域におけるシステムの進展状況を見守っており、新しい協力分野に対し関心を示している」と述べた。

    伊藤審議官は又、次のように指摘した―

    「極東には、天然資源の大規模な産地が集中している。ロシアはここに、いくつかの先進発展地域を設けたが、もし正直に言わせてもらうなら、今のところ日本企業は、慎重に注意深く、そうした地域が発展してゆく状況を見守っている。そこにはビジネスの成功例、所謂サクセス・ストーリーが必要だと思う。長期的な展望ビジョンを持ったロシアと日本の協力が必要不可欠だ。」

    タグ
    露日関係, 極東, ロシア, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント