00:48 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    石油

    ロシアの2016年の原油輸出量 4パーセント増加の可能性

    © Sputnik/ Evgeni Biyatov
    経済
    短縮 URL
    0 40870

    ロシアの2016年の原油輸出量は、2015年と比較して約4パーセント増加し、2億5400万から2億5500万トンとなる可能性がある。ロシア・エネルギー相のテクスレル第1次官が発表した。

    テクスレル氏は、「輸出量はおよそ2億5400万から2億5500万トンになる見込みだ。これは(ロシアの2015年の原油輸出量と比較しても)3パーセント以上多い」と述べ、「輸出量は2つの要素によって増加する。それは年間の原油生産量の増加と、加工量の減少だ」と指摘した。

    ロシアの2015年の石油輸出量は、2億4448万5000トンだった。したがってロシア・エネルギー省の予測によると、ロシアの2016年の石油輸出量は3.9パーセントから4.3パーセント増となる。

     

     

    タグ
    石油, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント