21:23 2018年10月19日
石油

ブルームバーグ、ロシアの原油輸出関税撤廃計画を報道

© Flickr / Carsten ten Brink
経済
短縮 URL
0 80

ロシア政府は原油の抽出にかける税金を増加させる一方で2018年以降原油の輸出関税をゼロにすることを検討している。ブルームバーグが役人2名の情報として報じた。

うちの1人によると、これらの措置は、ロシアの隣国であるベラルーシ、カザフスタンから利益を奪い、追加の税収をもたらすという。

この措置は、原油供給に対する全体的な税負担を増大させることを意図したものではない。しかし、ユーラシア経済連合(EAEC)加盟国にとっては、価格上昇につながる可能性がある。2人目の情報源が述べた。

また、財務省は、マイナス関税を含め、国内の原油価格が上昇した場合に備えて原油精製業者向けの補償メカニズムを作ることを検討している。
財務省の広報部はこの情報についてコメントを出していない。

先に伝えられたところによると、ロシアとイランは原油輸出量でサウジアラビアを上回る。

タグ
石油, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント