17:01 2017年03月24日
東京+ 11°C
モスクワ+ 5°C
    米国の原油在庫減少で原油価格が上昇

    米国の原油在庫減少で原油価格が上昇

    © Fotolia/ marrakeshh
    経済
    短縮 URL
    1117320

    米国石油協会(API)が発表した米国での原油在庫減少に関するデータに投資家らが反応したため、20日、原油価格が上昇している。

    東京時間で8時38分、ブレント原油先物9月限の価格は0.26%値上がりして1バレル=46.78ドルとなり、WTI原油先物9月限は0.29%上昇して1バレル=45.58ドルとなった。

    APIは19日、米国の原油在庫が15日までの週に230万バレル減少したと発表した。アナリストらは210万バレルの減少を予想していた。

    先に伝えられたところによると、ロシアと日本はエネルギー、ハイテクノロジー、化学、石油化学や他の分野での共同計画実現化を検討している

    タグ
    石油, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      junobejp
      ねーねー、アメリカさーん、 シェールガス/石油は詐欺で、3年でほぼ枯渇しちゃうのは知ってたけど、別の記事でチラ見したら、たった2年で出なくなったって書いてあったわよー。
      あれだけハンパない環境汚染なのにシェールガス/石油は、3年ももたなかったのー?
      たった2年で枯渇しちゃうのー?
    新しいコメントを読む (0)