15:19 2018年10月23日
日産 欧州にロシア製自動車部品の輸出開始

日産 欧州にロシア製自動車部品の輸出開始

経済
短縮 URL
0 72

日産社はペテルブルグ工場製の自動車部品の欧州への輸出を開始した。同社はクロスオーバー車「X-Trail」のための自社生産フロントバンパーとリアバンパーを輸出する。ロシアの自動車市場調査会社「アフトスタット」が報じた。

前は自動車部品は日本から直輸入されていたため、ロシアからの輸出により車が安くなる。

ペテルブルグで生産された部品はテストを受け、日産の国際規格に適していると確認された。バンパー製造には、オランダで購入された輸入品が使われている。

ペテルブルグ工場長は欧州への輸入を今年は6000個、来年はすでに1万個ほどと見込んでいる。

なお、9月の初めロシア国内で、日産の最上級クロスオーバー車Nissan Murano(ムラーノ)の販売が始まる、Nissanのプレスリリースで明らかになった

関連:

日産、電気自動車用バッテリー生産をパナソニックに売却か
日産、自動運転車販売へ(写真)
タグ
露日関係, 自動車, 日産, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント