10:10 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    IAEAのウラン備蓄バンクへの供給国はただ1国となる可能性

    IAEAのウラン備蓄バンクへの供給国はただ1国となる可能性

    © 写真: Public Domain
    経済
    短縮 URL
    0 43110

    カザフスタンは、同国に建設されるIAEA(国際原子力機関)の低濃縮ウラン(LEU)貯蔵バンクのための唯一の供給国になる可能性があるとし、同国エネルギー省の バクトジャン・ジャクサリエフ次官が記者団に次のように述べた。

    「供給は多くの国からなされるのではなく、1つの国からなされる。よって、IAEAが燃料購入を行い、低濃縮ウランの所有者となる。相応しい入札手続きが行われ、供給者が1つ選ばれる。この供給者はカザフスタンになる可能性がある」

    これに先立ちジャクサリエフ次官は、同国のLEU貯蔵バンクは90トンの低濃縮ウランを保管することになると述べた。

    カザフスタン政府とIAEAは2015年8月、同国内にLEU貯蔵バンクを建設することの協定書に調印した。この貯蔵バンクは、現存する各燃料供給メカニズムが乱れた際に、各国に核燃料供給を供給する信頼のおける供給メカニズムの1つだ。

    なお先に伝えられたところによれば、中国は、稼働可能な原子炉の数でロシアを追い越す見込みだ。

    関連:

    新たな核の大惨事が世界を待ち受けている、英学者断言
    長崎市長、米国の核の傘に頼るなと日本政府を痛烈批判
    タグ
    IAEA, カザフスタン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント