06:25 2018年05月27日
東京+ 17°C
モスクワ+ 15°C
    世界で最も裕福な8人の資産は下位50%の資産と同額

    世界で最も裕福な8人の資産は下位50%の資産と同額

    © AP Photo / Bebeto Matthews
    経済
    短縮 URL
    3020

    現在、世界で最も裕福な8人の資産の合計は4260億ドル。世界人口の下位50%(約36億人)の資産合計も同額。経済危機は、世界で最も裕福な人たちをさらにお金持ちにさせた。国際NGO「OXFAM」の報告書の中で述べられている。

    OXFAMによると、今後25年で資産が1兆ドルを超える世界初の一兆ドル長者が誕生する可能性がある。

    大富豪たちの資産は、世界で貧困率が高まっているのを背景に増加した。

    OXFAMによると、世界で最も裕福な8人は、ビル・ゲイツ氏、アマンシオ・オルテガ氏、ウォーレン・バフェット氏、カルロス・スリム氏、ジェフ・ベゾス氏、マーク・ザッカーバーグ氏、ラリー・エリソン氏、マイケル・ブルームバーグ氏。

    現在、世界人口の10%が1日あたり1.9ドル未満で生活しており、世界人口の10人に1人が飢えに苦しみ、約30億人が倫理的貧困線を下回る生活をしている。

    これまでの報道でフェイスブックの創始者でありCEOであるマーク・ザッカーバーグとその妻プリシラ・チャンは現在存在する世界の全ての疫病撲滅に30億ドルを投ずることが明らかにされた。

    関連:

    イタリアの富豪、秘書に7500万ドルを遺す
    他人の数100万ドルをストリップと車に費やす方法とは?
    タグ
    経済
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント