15:10 2018年09月22日
ビットコイン

ビットコインを用いた不動産売買の歴史【写真】

© Fotolia / Tiero
経済
短縮 URL
114

ビットコイン史上の重要な不動産売買について、「RBK real estate」が記事を出した。

スプートニク日本

① 仮想通貨のために住居を売却した最初のケースは2013年3月に確認されている。カナダで小さな土地付きの家が40万5000カナダドルで売られたのだが、ビットコインでの支払いも可能とされていた。当時、ビットコイン1枚の価値はおよそ45ドルだった。

② ビットコイン支払いによる高級不動産販売の初めてのケースは2014年末、イスラエルの別荘販売だと考えられる。別荘の所有者は5000ビットコイン(約300万ドル)で売りに出した。別荘のある地区にはイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相など、多くの著名人や影響力のある人々が住んでいる。

③ 2015年2月には英国の不動産業者「Re/Max」が賃貸料金の支払手段として仮想通貨を受け入れはじめた。同社の主な物件はロンドン中心にあるオフィスビル。そのためこれは、事業用不動産の支払いのための仮想通貨使用の初のケースだという。

④ 最近、スイスで初めてビットコイン支払いによる住宅が販売された。仮想通貨ニュースサイト「forklog.com」が報じた。その別荘の所有者によると、スイスは仮想通貨に対して非常にオープンであるが、不動産市場はこの技術の傍観者でいる。ビットコインが不安定であるため、別荘の値段は固定されておらず、ビットコインの市場価格によって変化するという。

​⑤ 仮想通貨を用いた不動産販売をロシアで初めて発表したディベロッパーは、「М9 Development」社。同社は今年6月17日、SNSに販売についての広告を掲載した。ネットメディア「Znak 」のインタビューに対して同社のパートナー・マネージメントを担当するマクシム・モロゾフ氏は、同社にはビットコイン支払いでコテージを売る用意があると語った。206平方メートルの家の値段は81ビットコイン(約2600万円)だ。

関連記事

ビットコインとは一体何か? それとどう生きてゆくか?

日本のスマートカードにビットコインウォレット追加へ

タグ
ビットコイン, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント