10:31 2017年09月24日
東京+ 23°C
モスクワ+ 5°C
    ロシアの旗、MastercardとVisa

    一連の米企業が対露制裁に関する法案の見直しを求める

    © Sputnik/ Alexandr Kryazhev
    経済
    短縮 URL
    0 42671

    米国の複数の企業が、米企業にネガティブな影響を与える恐れのある米国の新たな対露制裁に関する法案の変更を求めている。CNNが、議会筋の情報として報じた。

    スプートニク日本

    法案の見直しを求めているのは、石油やエネルギー大手のBP、Exxon、 General Electric、航空宇宙機器開発製造会社のBoeing、金融コングロマリットのCitigroup、Mastercard、Visa、製造企業のFord、Dow Chemical、Procter & Gamble、International Paper、Caterpillar、 Cumminsなど。

    先ほど、新たな対ロシア制裁は、米国の労働市場や、ロシアのみならず世界中の石油およびガス・プロジェクトに打撃を与える可能性があるとフィナンシャル・タイムズ紙が、石油業界関係者の見解を引用して報じた。

    タグ
    経済, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント