02:11 2019年09月24日
原油

シェールオイル論争 米、生産妨害を試みとロシアを非難

© Fotolia / Ded Pixto
経済
短縮 URL
247
でフォローする

米国の政治家がロシア財務省に、ロシア側から環境保護団体への資金提供の可能性について調査するよう呼びかけた。米下院議員は、環境保護活動へ資金を提供することでロシア政府がシェールオイル生産技術の開発を妨害しようとしていると主張する。

スプートニク日本

米菓員共和党員らとトランプ政権のメンバー1人が、スティーヴン・マヌーチン米財務長官に文書を送り、ロシアがシェールオイル開発や、地下の岩体に高圧水を注入して亀裂を入れる水圧破砕法の使用に反対する団体に資金提供している可能性があると主張した。

一方、環境問題におけるロシアの「介入」が主張されたのはこれが初めてではなく、6月末にも同様のケースが起きた。このような非難は馬鹿げていると米政治メディア・ポリティコは指摘する。

ポリティコはまた水圧破砕法によってこそ、ガス生産で米国はロシアに追いついたと言及する。

米エネルギー省は非難にコメント。一方で、環境保護団体はこの主張を退けた。

マヌーチン財務長官に出された書簡に名前が挙げられていた団体「自然保護のための有権者行動連盟」の代表デビッド・ウィレット氏は、「これは正しくない。私たちは全くロシアと関係なく、45年以上にわたって環境保護のために効果的に戦っている。これは報道で広くスポットライトを当てられているトランプ氏のキャンペーンとロシアとのつながりや、選挙介入に関するテーマを脇にそらす試み以外の何ものでもない」と述べた。

関連記事

大スキャンダル後にシーメンスを待つのは人事異動?

一連の米企業が対露制裁に関する法案の見直しを求める

タグ
経済, 戦争・紛争・対立・外交, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント