10:55 2018年07月21日
ロシア正教会総主教、キャッシュレス決済は人間の自由を制限すると警鐘

ロシア正教会総主教、キャッシュレス決済は人間の自由を制限すると警鐘

© Sputnik / Sergey Pyatakov
経済
短縮 URL
1283

現金を捨てキャッシュレス決済に移行することは、「完全に人間の自由を制限する」可能性があると、ロシア正教会のキリル総主教がテレビ局「ロシア」のインタビューで警鐘を鳴らした。

スプートニク日本

キリル総主教は「キャッシュレス決済への移行は透明性と管理を保障する。これらの論拠はすべて、多くの人々がよく知っている。だがもし突然、歴史的発展のある時点でこれらのカードへのアクセスがあなたの忠誠心に対して開かれるようになればどうなるだろう?」と疑問を呈する。

キリル総主教は例として、国籍や永住権を望む人に、国家の生活や習慣、法律を示す動画の視聴が求められる「ある欧州国」を引いた。キリル総主教は、その動画には非常に鮮やかに「カラー」でLGBTのテーマが提示されていると述べた。

視聴後には、動画の内容に賛成か否かを質問される。賛成の場合は国籍を得るが、反対の場合は得られない。

キリル総主教は「もし金銭へのアクセスがこの種の条件によって制限されればどうなるか?この危険性について、今日教会は声高に話しているのだ」と強調した。

キリル総主教はあわせて、世界の終りが来る時について語った。

タグ
おもしろい, 経済, 宗教
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント