00:12 2018年09月24日
ロシアのオレシュキン経済発展相と世耕経済産業相

「露日が共にあれば競争相手はいない」露経済発展相

© Sputnik / Anastasia Fedotova
経済
短縮 URL
アナスタシア フェドトワ
0 195

ロシアのオレシキン経済発展相と世耕経産相が22日、東京でハイレベル作業部会を開き、経済協力の進展を協議した。安倍首相が2年前に提案した8項目からなる協力プランの進展状況はスプートニクの記事でどうぞ。

スプートニク日本

2月20日から22日にかけて、オレシキン氏率いるロシアの労働生産性向上代表団が日本を訪れた。オレシキン氏によると、ロシアと日本の協力は8項目の枠組みを超えつつあり、今回のロシア代表団の訪問はこれを証明する。協力進展の新たな方向になったのは、労働生産性とデジタル技術だ。スプートニクが明らかにしたところ、代表団は川崎重工業やDMG森精機、トヨタ、三菱電機などの企業を訪問した。

作業部会のあと世耕氏とオレシキン氏は、8項目の協力プランの実現は紙上の段階から実質的な段階に移行したと指摘。しかし、具体的な歩みと行動は表明されなかった。

オレシキン氏は記者会見で、日本の羽生結弦選手が平昌五輪のフィギュアスケートで金メダルを勝ち取ったことを祝福した上で、次のように述べた。

「明日、女子の試合ではロシアが金メダルを獲得できるよう願っている。この例は、ロシアと日本が共にある時、競争相手には他のスペースが残らないことを示している。」

関連ニュース

露日間の貿易高、1年間で14%増加

露経済発展相、東京で日本ビジネス界代表と会談

タグ
経済協力, 露日経済協力, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント