03:52 2018年12月11日
漁業大国の地位を失いつつある日本

漁業大国の地位を失いつつある日本

© AFP 2018 / Yoshikazu Tsuno
経済
短縮 URL
0 101

日本の農林水産省が発表した2017年度の「水産白書」によると、同国の漁業生産量は過去30年間で半減した。

スプートニク日本

農林水産省によると、かつて漁業において世界のリーダーだった日本は、過去32年間で8位に「転落」した。「水産白書」によると、日本の漁業・養殖業生産量のピークは1280万トンだった1984年。2016年の生産量は、わずか440万トンだった。原因の一つは、イワシの漁獲減とされている。

漁獲量のトップは中国で、2016年の漁獲量は1780万トンと、世界の総漁獲量の2割を占めた。

関連ニュース

国際水産フォーラム 世界の食卓に魚を並べ、海の生物資源を枯渇させないために

ロシア、福島など7県の日本海産物の輸入を許可

タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント