09:04 2018年10月23日
アマゾン

アマゾン、2021年までに最大3000のレジなし店舗を開設する計画

© AFP 2018 / Adrian Dennis
経済
短縮 URL
0 02

アマゾンは、2021年までに最大3000のレジなしの無人店舗を開設する。19日、ブルームバーグ通信が報じた。

スプートニク日本

レジなし無人店舗の1号店は、2018年1月にシアトルにオープンし、続いてシアトルに2号店と3号店、シカゴに4号店が開設された。

アマゾンがホームページで発表したところによると、客はスマートフォンにインストールした無料のアプリを店の入り口でスキャンして入店し、欲しい商品を取って店から出る。商品の代金は棚に設置されたスキャナによって読み取られ、支払いはアプリを通して自動的に実行される。

なお、すでに手に取った商品を返品することも可能で、棚に戻せばいいだけだという。

店舗では、コンピュータビジョンや、様々なセンサからのデータを読み取り、処理する無人車両と同じ技術が使用されている。

関連ニュース

アマゾン創業者、人類の文明を体験する時計建設

タグ
Amazon
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント