10:34 2018年11月13日
専門家らが今週のビットコイン価格推移を予想

専門家らが今週のビットコイン価格推移を予想

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
経済
短縮 URL
101

通信社スプートニクのインタビューで専門家らは、最も人気のある仮想通貨ビットコインの今週の価格推移について、恐らくレッドゾーンに入り、下落すると予想している。

スプートニク日本

サイトCoinMarketCapによると、ビットコインの15日の終値は、0.64%高の6313ドル。仮想通貨取引所Binanceでは、ビットコインの価格が0.67%高の6365ドルまで上昇した。

専門家らは、過去1週間のビットコインの価格は比較的安定していたが、市場参加者が活発にならなければ、今週ビットコインの価格は下落すると述べている。

FX業者アルパリ社は「買い手は、6500ドルの水準に戻すためにアクティブである必要がある。そうでなければ5600ドルまで下落するリスクが増加する。10月15日から22日までネガティブなニュースがなければ、買い手は10月11日と10月16日の損失を取り戻すことが可能だ」との見方を示している。

エニグマ社の社長で、仮想通貨基金ICGの共同設立者のイーゴリ・ザルトディノフ氏も同様の見方を表し、「我々は、ビットコインが今後下落した際には、その価格が6050ドル~6100ドルで定着すると考えている。下落を促進しているのは否定的なニュースであり、そのようなニュースがあまりにも多くなければ、ビットコインには6360ドル~6800ドルの範囲に戻るチャンスがある」と語った。

ザルトディノフ氏は、セキュリティ問題や、デジタル通貨が世界金融システムの脆弱性の新たな原因になる可能性があるとする国際通貨基金(IMF)の報告書が、ネガティブな要素になったかもしれないとの見方を示している。

関連記事

専門家ら、本物のICOを詐欺プロジェクトから見分ける方法を語る

仮想通貨先物は一瞬の現象、それとも長期的視野?専門家たちの見解

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント