20:27 2018年11月15日
東京

国際競争力ランキング 東アジア2国がベスト5入り 日本は?

© REUTERS / Yuriko Nakao
経済
短縮 URL
224

スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」が17日発表した2018年の国際競争力ランキングで、日本は140か国、地域の中で過去最高の5位を占めた。

スプートニク日本

「国際競争力ランキング」を作成しているのはスイスのビジネススクール、国際経営開発研究所。経済状況、政府の効率性、ビジネスの効率性、インフラの4分野で300を超える項目について調査・集計を行い、世界のどの場所でビジネスがしやすい環境が整っているかを示す。この格付けは経営者、研究者らからの高い関心を集めている。

1位は米国、2位はシンガポール、3位がドイツ、4位スイスとベスト5に東アジアから2か国が入った。韓国は15位、中国は28位。

日本は「健康」で1位をとり、注目を浴びている。特許申請も多い反面、起業のしやすさでは費用が高く、時間もかかるため評価を落とした。イノベーションの拠点と見なされている一方で高度技能労働者らを獲得するのは難しく、女性の労働への参加しやすさも低い。

関連ニュース

露、米国債の最大規模保有国リストから離脱

日本、グローバル化の利益多いトップ3入り

タグ
番付・ランキング, 経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント