02:10 2019年08月24日
ゴーン容疑者(アーカイブ写真)

ゴーン容疑者勾留、新たに決定 1月1日まで

© REUTERS / Philippe Wojazer
経済
短縮 URL
日産ゴーン事件 (46)
0 43

東京地方裁判所は23日、東京の検察による要求に応え、ルノー・日産・三菱による連合の元トップ、カルロス・ゴーン容疑者の勾留を新たに認める決定を下した。

スプートニク日本

今回新たに認められた勾留期間は、1月1日に期限を迎える。

ゴーン容疑者は21日、新たな容疑に基づいて東京地検特捜部により再逮捕された。

検察側は、日産の会長だったゴーン容疑者が、金融取引で生じた18億円超の個人的損失を同社に移した可能性があると考えている。

一方、日産のグレッグ・ケリー元取締役については、25日以降に保釈される可能性があると、先に伝えられている。

関連ニュース

ゴーン前会長、近く保釈の可能性 東京地裁、勾留延長認めず

日産ゴーン前会長、容疑を否認

トピック
日産ゴーン事件 (46)
タグ
, 警察, 経済, 日産, 三菱, カルロス・ゴーン, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント