16:22 2019年12月14日
ガス 【アーカイブ写真】

インドネシア 過去18年間で最大のガス田発見

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

スペインのレプソルが、インドネシアでは過去18年間で最大となる天然ガス田を発見したと発表した。同社による声明から明らかになった。

スプートニク日本

レプソル、マレーシアのペトロナス、三井石油開発が共同で、インドネシアでは過去18年間で最大となる天然ガス田を発見。レプソルは今回の発見について、最近の1年間に世界で発見されたガス田のうち、規模が大きな上位10カ所にも含まれるとしている。

今回ガス田が発見されたのは南スマトラ州。同社による評価では、採取できるガスの量は570億立方メートルに上る可能性があるという。

レプソルとペトロナスは、今回ガス田が発見された鉱区の利権のうち45%ずつを保有、三井石油開発が10%を保有している。

関連ニュース

ベラルーシで新たな油田発見

欧州で天然ガス需要増なら新たなパイプライン建設も=ロシア

タグ
経済, ガス, 日本, スペイン, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント