06:39 2019年10月18日
ロシアのノバク・エネルギー相(アーカイブ写真)

露エネルギー相、サウジ石油施設攻撃による原油不足の可能性を評価

© Sputnik / Sergey Guneev
経済
短縮 URL
0 31
でフォローする

サウジアラビアで石油施設が攻撃されたことによって原油市場で発生する可能性のある不足は、世界の商用石油在庫で補うことが可能。ロシアのノヴァク・エネルギー相が、記者団に語った。

ノヴァク氏は、サウジの生産量減少を受けてロシアは生産量を増加する必要性はあるかとの質問に「すべてはサウジアラビアが行っている迅速な影響評価にかかっている。ここから生産量や供給に及ぶ影響の規模を理解することが可能となる」と答え、「しかし現在、世界には中期的な原油供給不足にとって十分な商用在庫があり、我々はこの不足分は商用在庫からの供給で賄うことができると考えている。しかし繰り返すが、多くの点で、すべてはインフラの乱れがどのくらいの期間にわたって影響を与えるかにかかっている」と述べた。

世界最大の石油輸出国で、3大産油国の一つであるサウジアラビアは、同国の石油施設が14日に攻撃を受けた後、生産が日量570万バレル 減った(サウジの通常の産油量は日量980万バレル)と発表した。サウジは16日までに日量200万バレル回復する考え。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント