01:09 2020年08月13日
経済
短縮 URL
0 13
でフォローする

26日(火)の原油価格は需給バランス回復の見通しが高まっていることから高値で取引されている。

ロシアエネルギー相:原油価格はすぐに上がるわけではない日本時間14時03分の時点で、北海ブレント原油先物7月限は1.97%高の1バレル=36.23ドル、WTI原油先物7月限は3.43%高の1バレル=34.4ドルまで値を上げた。

26日(火)、産油国が減産合意を守っていることに加え、世界各国で制限解除に踏み切る動きが見られ、世界中で原料需要が回復を始めていることから、投資家は見通し感を一層強めている。

また市場の下支えの一つとして、ロシアがOPECプラス合意で定められた目標値に達し、1日200万バレルの減産を実施したというロシア側コメントも大きい。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント