20:06 2020年07月08日
経済
短縮 URL
筆者 :
0 53
でフォローする

中国石油化工集団公司(シノペック)、中国中化集団有限公司(シノケム)、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、中国海洋石油集団有限公司(CNOOC)などの中国の国有石油企業は、原油を共同で購入するグループの形成に向けて協議している。ブルームバーグ通信が消息筋を引用して報じた。

ブルームバーグ通信によると、中国当局はこのようなグループの形成を支持している。協議には、合わせて日量500万バレルの原油を輸入している石油大手の幹部が参加しているという。ブルームバーグ通信は、買付政策実施に関するグループの形成は世界最大の原油購入者をつくりだすとし、「価格交渉力を高めるとともに入札競争を避けるのが狙い」だと報じている。

最初の段階では、市場のロシア産原油やアフリカ産原油の複数の銘柄の購入申請を共同で提出する計画だという。また消息筋によると、7月にも東シベリア・太平洋石油パイプライン(ESPO)で輸送されているシベリア産のESPO原油の共同購入に関する最初の申請が提出される可能性がある。将来的には独立系石油会社もグループに加わることができるようになる。

関連記事

タグ
中国, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント