05:11 2020年08月15日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

日本の内閣府は7日、5月の景気動向指数(2015年=100)の速報値を発表した。景気の現状を示す一致指数は前月比5.5ポイント低下の74.6となり、2009年7月以来の低さとなった。 

一致指数は4ヶ月連続の下降となった。4月は統計を開始した1985年1月以降最大の下げ幅の81.5だった。

内閣府は、基調判断を10ヶ月連続で「悪化を示している」に据え置いた。

景気動向指数は、日本における重要な経済指標の1つ。好景気の場合は100%、不景気の場合は0%に近くなる。

関連ニュース

タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント