05:55 2020年08月15日
経済
短縮 URL
0 52
でフォローする

Apple社はサムスン社との間に結んだ有機ELディスプレイの売買契約で契約書に示された最小限度の購入数を満たすことができなかったため、サムスン社に対して9億5000万ドルの違約金を支払った。Appleの契約不履行は2020年初頭のスマートフォン市場の需要低下がその原因だった。ディスプレイ業界のニュースサイトDSCCが報じた。

Appleが契約義務の不履行でサムソンに違約金を支払うのはこれが初めてのことではない。2019年もAppleは有機ELディスプレイの契約購買量を順守できなかったとして6億8300万ドルを支払っている

Appleの次世代スマホの発表は予定では9月。この際に発表される機種にはすべて有機ELディスプレイが使用される。

関連ニュース

タグ
サムスン, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント