14:11 2020年10月30日
経済
短縮 URL
0 31
でフォローする

米国のウォルト・ディズニーは、新型コロナウイルス感染拡大の中で、カリフォルニア州とフロリダ州のテーマパークを対象に従業員約2万8000人を解雇すると発表した。

ウォルト・ディズニーの米国内のテーマパークは3月から7月まで休業していた。フロリダ州にある4つの施設は7月から営業を再開したものの、入園は予約制となっている。カリフォルニア州にある2つのテーマパークは再開のめどが立っていないという。

同社は感染拡大の中で長期的な影響が長引いている状況を考え、従業員の一部を解雇する決断に至ったと説明している。

先にカリフォルニア州のテーマパークに勤務するスタッフらが7月17日に予定されていた営業再開を前に抗議活動を行ったことが明らかとなっていた。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント